第21回大会
2017年8月26日

横浜市

理事長挨拶 

     

慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学科
教授 田中敏幸


第21回大会に向けて 2017年に開催される第21回大会は医療法人社団立花整形外科の和田里佳先生を大会長に迎え、横浜市のかながわ県民センターで開催することとなりました。
和田先生のご専門はリハビリテーション医療であり、これまでに数多くの研究をされています。

どのようなリハビリを行うことが本当に効果的なのかを、理学療法士の立場から考えて研究を行っています。

国際バイオフィリアリハビリテーション学会において、これまでの研究成果を数多く発表されており、今年の大会に素晴らしい大会長を得たと喜んでいます。

高齢化社会となった近年では、リハビリ科の医師、理学療法士、大学が一体となって、新しいリハビリのあり方を考えていく必要があると思います。
リハビリの分野ではすでに、一人の患者に対して理学療法士が1対1で対応する現在のシステムに限界が生じています。
高齢化社会では、一人の理学療法士が複数の患者に対応する新しいリハビリシステムが必要になります。

また、同じように体が動かない患者でも、患者一人ひとりについて脳の損傷部位が異なるので、リハビリに利用する器具を変えていく必要があります。
また、それらの器具をどのように用いることが一番効果的なリハビリなのかを考えることも必要です。
新医療システムの提案・器具の開発・リハビリのシステム設計、これらを有機的に結びつけることによって、次世代のリハビリシステムが完成していくと考えています。

研究発表と交流を通じて、第21回大会がリハビリの分野での新たなイノベーションを興す機会になればと思います。